スーツを水洗いする方法は?クリーニングに出すべき?

そういやスーツ、クリーニングに出さないとな・・・

ちょっと待ちな!
家でもできるわよ!

スーツはクリーニングに出すもの、そうお考えではありませんか?
実は、自宅でもできるんです。

水洗いできるスーツ、できないスーツ

【洗濯可能】

  • ウォッシャブルスーツ
  • 洗濯可能表示あり

【洗濯非推奨】

  • 上記に該当しないスーツ(型崩れの恐れあり)

各メーカーからウォッシャブルスーツとして売り出されている商品は洗濯することができます。
ウォッシャブルスーツの特徴は生地がウール50%&ポリエステル50%の配合率になっているなどのポイントが挙げられます。

一般的なスーツの生地はウール100%の物が多いです。
ウールは羊毛なので柔らかい生地ができます。
しかしウールは縮みやすいという特性も持っているので、一般的なスーツを自宅で洗濯してしまうと型崩れしてしまう恐れがあります。

ウォッシャブルスーツは自宅で洗濯できるのが特徴ですが、生地におけるウールの配合分が低いので一般的なスーツと比べると着心地の面で劣るというデメリットがあります。
またウォッシャブルスーツでなくても水洗い可の洗濯表示がついているものは自宅で洗濯することができます。

簡単に言うと、ウォッシャブルスーツは洗濯OK、ウール100%のスーツは難易度が高いってことだわね

スーツを水洗いするための準備

手持ちのスーツが洗濯できそうであれば、ぜひ一度チャレンジしてみましょう。

まずスーツを自宅で洗濯するには以下のものが必要になります。

  • おしゃれ着用の中性洗剤
  • 大きめの洗濯ネット
  • 幅広ハンガー
  • スチームアイロン
  • アイロン用の当て布
  • タオル

スーツを水洗いする方法ー洗濯機編ー

  • STEP1
    洗濯ネットの用意
    この時3つ折り以上に小さくたたんでしまうと、シワがついてしまう恐れがあります。
    スーツがきちんと入るよう、サイズに合った洗濯ネットを用意しましょう。
  • STEP2
    洗濯機へ
    洗濯機のドライコースやおしゃれ着用コースを選択し、洗濯とすすぎを行います。
    上記のコースがない場合はなるべく水流が弱いコースを選択してください
  • STEP3
    短く脱水
    最後に洗ったスーツを脱水します。
    洗濯機を使って脱水するのは生地に負担が掛かるので、30秒以内の脱水に留めておきましょう。

スーツを水洗いする方法ー手洗い編ー

弱水流コースもない場合は洗濯機を使うのではなく、自分でスーツを手洗いするという方法もあります。

洗濯桶に水を張ったらその中で中性洗剤を溶かし、スーツを2~3回優しく押し洗いします。

それからしばらくつけ置きをして、あとは洗剤や汚れが出なくなるまで水ですすげば完了です。

できれば洗濯機は使わずタオルドライするのがおすすめです。

スーツの乾かし方

スーツを洗濯したらハンガーにかけて陰干しします。
このときスーツの形を崩さないために幅広のハンガーを使うと良いでしょう。
幅広のハンガーがなければ普通のハンガーにタオルを巻きつけたものでも代用可能です。
針金ハンガーやプラスチックの細いハンガーにそのまま吊るしてしまうのはやめてください。
スーツの形が崩れ、変なシワがついてしまったりします。

スーツを水洗いする際のコツはアイロン

スーツを自宅で洗濯する場合、洗濯自体は洗濯機を使えば簡単にできますが、肝心なのは最後にアイロンをかけることです。

アイロンがけのポイントは、スーツがまだ乾ききっていない半乾きのうちにアイロンをかけること。

そうすればシワをしっかり伸ばすことができます。

アイロンをかける時は必ず当て布をしてください。

アイロンをかける手順はまずスーツを裏返してしっかりとシワを伸ばします。

そのあとで表に戻し、折り目をつけるようにしてアイロンをかけてください。

上着の肩やズボンの腰回りは巻いたタオルを中に入れて、形を作りながらアイロンがけをしましょう。

そうすると綺麗に仕上げることができます。

ここでしっかりと型をつけておくことが大事
仕上がりがカッチリと決まるわよ

スーツを水洗いする際の注意点

スーツを水洗いする際は、まずほつれや穴あきがないかチェックするようにしてください。
スーツにほつれや穴の開いている部分があると、洗濯した時に傷が広がってしまうことがあります。
洗濯する前によく確認するようにしましょう。

またスーツの生地がシルクやカシミヤ、麻といった素材でできている場合は自宅で洗濯する方が無難でしょう。
これらの素材はデリケートなので、水洗いするとスーツが傷んでしまう恐れがあります。
自宅で洗濯はせず、クリーニングに出すようにしてください。

もう一点、スーツを水洗いするときには色落ちについても注意が必要です。
色落ちすることがないか事前に確認しましょう。
洗剤をスーツの目立たない場所につけて、5分ほど置いておきます。
それから洗剤をつけた部分に乾いた布を当ててみましょう。
布に色が移らなければ、そのスーツは水洗いしても大丈夫です。
もし色移りしてしまったらそのスーツは自宅で洗濯することはできません。
諦めてクリーニングに出すようにしましょう。
ただドライクリーニングと比べると、水洗いは色落ちしてしまう可能性が高いです。

上着とズボンどちらか片方だけの洗濯を続けていると、同じスーツなのに上下で色の違いが出てきてしまう可能性があります。
スーツを水洗いするときは上下セットで洗うようにしましょう。

スーツの汚れがひどい場合

スーツが汚れてシミになってしまった時でも、クリーニングには出さず自宅で対処できることがあります。
スーツは自分でシミ抜きすることも可能です。
まずシミに直接タオルなどの布を当てて、平たい場所に置きます。
この時スーツを裏返しておくと後の作業がやりやすいです。
次にもう一枚濡らしたタオルを用意して、シミの裏側になっている部分からトントン叩きます。
そして敷いていた方の乾いたタオルで水気を拭き取ればシミ抜きは完了です。
もしシミが油に落ちやすい汚れだった場合は、タオルを濡らす時に洗剤を含ませればOKです。

スーツの保管方法

基本スーツは風通しの良いところに吊るしておくのがおすすめです。
この時ポケットは空にしておいた方が良いでしょう。
こうすると型崩れやシワを防ぐことができます。

またスーツを着たときは3回に1回ほどの頻度でブラッシングすると良いです。
前述の通り、スーツの生地はほとんどウールでできています。
ウールには小さなホコリやゴミが付きやすいのです。
そのままにしておくと虫食いの原因にもなりかねません。
適度にブラッシングして、虫の餌になるようなゴミは取り除くようにしましょう。

そしてスーツは一日着たら一日休ませるのが理想です。
一日中スーツを着ていると、生地の中に汗や湿気がたっぷり吸い込んでしまいます。
ハンガーに吊るして乾燥させれば染み込んだ湿気も放出することができます。
このように日々のメンテナンスを行うことで、スーツを長持ちさせることができます。

スーツはクリーニングに出すべきか?

これまでスーツを自宅で洗濯する方法を紹介しましたが、スーツをクリーニングに出した方が良いときもあります。
やはり水洗いするよりクリーニングに出した方が仕上がりが綺麗です。

そしてスーツを自宅で洗濯しようとすると、その分手間がかかります。
時間がないときはクリーニングを活用するなど賢く利用するようにしましょう。
また汚れがひどい場合、自分で対処することもできますが、汚れが気になるようならクリーニングにお願いした方が確実に綺麗にしてくれます。

俺は・・・クリーニングに頼もうかな・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました