ブランドバッグのクリーニングで重視すべき点

ブランド品は一生モノ、長く綺麗に使いたいですよね。
それには定期的なプロの手によるクリーニング、お手入れが必須
バッグが若返ります。

さらに、綺麗なバッグは身だしなみには欠かせません。
汚れていては、ブランド品の価値を失います

そこで今回は、ブランドバックのクリーニングについて解説します。

ブランドバッグのクリーニング業者ポイント

ブランド物のバッグは扱いが非常に難しいです。
素材、形、色といった要素は簡単に損なわれます。

そこで、求められるのはデリケートな物への丁寧で高品質な扱いです。
具体的には、個別に洗っているのか、綺麗にするだけではなくデザイン性も重視しているのかといった点です。

どうやってこの点をみればよいのかといいますと、公式サイトと口コミです。

ウェブページでは、その業者のコンセプトに注目します。
例えば、「速さ重視」、「安い」等のクリーニングは、十分に丁寧でない場合が多いです。
「デザイン性重視」、「ブランド仕様」などの質を重視してるかを確認しましょう。

また、口コミでは良い口コミではなく悪い口コミに注目します。
「シワが付いた」、「色落ち」したなどの口コミには気をつけましょう。
ブランド品はそういったことがあってはなりませんので、避けるべきです。

ブランドバッグのクリーニングにおすすめな業者

ブランド物のバッグをクリーニングにするには、キレイナをおすすめします。

キレイナとは、ブランド物のクリーニングを専門に扱っている宅配クリーニング業者です。
いわば、ブランド品クリーニングのプロであり、その技術は宅配クリーニング界でもトップクラスです。

キレイナ

キレイナは、高級宅配クリーニングです。料金は一般的な宅配クリーニングと比べて高いのですが、品質もかなり高いです。口コミでは、満場一致でその品質の高さが称賛されています。
対応力も高く、なんとウエディングドレスや婚礼着物のような特殊な衣類から靴やカバンにまで対応しています。
キレイナでは、どんな素材もクリーニングするということをモットーにサービスを提供しているため、クリーニングをお考えの方はご相談してみてください。

おすすめな理由

ブランドバッグにはレザー等のデリケートな素材が使われていたり、特殊な加工がされています。
キレイナは、ブランド物に特化した業者であることから、そういった点への知識、技術、管理が素晴らしいです。

「どんな物でもキレイナに相談しておけばOK」
そんな安心感があるクリーニングであると思います。

【キレイナのコンセプト】

絶対に失敗されたくない
キレイにならずに諦めかけている
どこに出すかを迷う高級ブランド特殊素材
地元のクリーニング店で断られた

そんな服こそ私たちに任せてほしい。

ブランドバッグのクリーニング頻度

ブランドバッグのクリーニング頻度は、見た目が変わったと感じる度です。

具体的には、黒ずみ、シミ、手触りで気になり始めた時です。

汚れの付き具合、素材の劣化などは、使い方によって変わってきます。
そのため、クリーニング頻度は物によるとしか言えません。

もし、バッグをみて「汚い」、「ツヤがない」といったことを感じるようになったらクリーニングに出してみることをおすすめします。

ブランドバッグは自宅で洗うべきではない

私はブランドバッグは自分で洗うべきではないと考えます。
それは以下のような理由からです。

革製品は非常に扱いが難しく、失敗すると製品の質を下げることになります。

  • エイジングへの違い
  • 色落ち
  • ちぢみ

エイジングへの違い

エイジングとは、一部の革製品にみられる変化です。
変化は、色、ツヤ、なめらかさ、形といった点に現れます。
革製品の醍醐味ともいえる変化であり、持ち主によって美しくなることもあれば、残念なことになってしまう場合もあります。

自分で洗うことによってどんな影響が懸念されるかというと、油分の存在です。
革は油分でコーティングされることにより、潤いを保ちながらツヤを出しています。

洗ってしまうことで、その油分が失われたり、元の状態に復元することが難しくなります。

色落ち

革製品は色落ちしやすいです。
特に、洗浄力の強い洗剤で洗うとその危険が高まります。

製品によって色落ちしてしまうラインが異なるため、それを見極めるのは非常に難しいです。

ちぢみ

革は性質上、濡れたままにしておくと、ちぢんで固くなります。
製品によっては、あえてちぢませる場合もあるのですが、かばんには適していません。

ちぢませない方法は、うまく乾かすことです。
しかしこれがまた難しく、一般家庭では失敗するリスクが高いです。

ブランドバッグもカビる

ブランドバッグもカビることをご存知でしょうか。

カビてしまうと、クリーニング費用が掛かったり、品質が劣化します。
カビを防ぐためには、以下のことに気を付けましょう。

  • 湿度が80%以上
  • 温度が20度~35度
  • 手垢、油、ほこり、汚れ

特に、夏場は気温、湿度が高くなるうえ、汗の付着が増えます。
頻繁に使うのならそうそうカビが生えることはありませんが、長期間収納する際には、上記の点に注意が必要です。

ヴィトンのクリーニングはできる?

ヴィトンといえば、高級ブランドの代名詞的な存在です。
その素材は牛革や塩化ビニル樹脂です。

結論から言うと、クリーニングはちゃんとできます。
ブランド物を扱うクリーニングなら必ず対応していますのでご安心ください。

私がおすすめするキレイナでも対応しているとの表記を確認しています。

キレイナ

キレイナは、高級宅配クリーニングです。料金は一般的な宅配クリーニングと比べて高いのですが、品質もかなり高いです。口コミでは、満場一致でその品質の高さが称賛されています。
対応力も高く、なんとウエディングドレスや婚礼着物のような特殊な衣類から靴やカバンにまで対応しています。
キレイナでは、どんな素材もクリーニングするということをモットーにサービスを提供しているため、クリーニングをお考えの方はご相談してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました